いつもの島旅Shima Tabi

いつもの島旅

「縁」を歩く

旅のかたち

」(よすが)を歩く。「縁」は「えん」「ゆかり」「えにし」「ふち」とも呼びますが、いずれも「つながり」を意味する言葉。このうち「よすが」とは「寄せるところ」あるいは「身や心のよりどころ」という意味で『島の語源』でもある言葉です。舟で海を渡ってきた人たちにとって、島は「舟を寄せる縁(ふち)」であり、生気を養う「拠り所」でもありました。つまり、「島」とは「よすが」のことで 『ほっとする場所』のこと。日本語って奥ゆかしいですね。というわけで小豆島の奥ゆかしい「縁」を尋ねる、ぶらぶら歩きの旅。

コースは当日の天候や気分、体調やリクエストなどを踏まえてその場で直感的にコースを組み立てるという『テ・キ・ト・ウ』なスタイルですが、何を隠そうこれが島を最大限に楽しむために辿り着いたカタチ。なぜなら晴れの日には晴れの日の、そして雨の日には雨の日の楽しみ方があり、風景があるからです。

時に、見晴らしのいい山のてっぺんまで歩いてみたり、島の『暮らしっぷり』が垣間見える場所をのぞいてみたり。ある時は、島の人たちが大切にしてきた祈りの場所で日頃の感謝に手を合わせてみたり、大切な誰かのためにお祈りをしてみたり。またあるときは、心地良い海辺でお茶でもしたり・・・。

ワクワク、ドキドキ。旅はどうなるかわからないからおもしろいと思うんです。偶然の出会い。驚きや興奮。そして感動。それこそが旅の醍醐味だとも。別名『行き当たりばったり』とも言いますが、だからこそおもしろい、ぶっつけ本番、出たとこ勝負の旅。

ツアー概要

いつもの島旅は、ガイドブックやメディアが伝えることのない、未知なる『島の暮らし』や『日常』といった『島の素顔』をお伝えしているガイドツアー。

一般的に観光とは

『国の光りを観る』という意味がありますが、ここでいう国とは国家のことではなく、『故郷』や『地域』のこと。そして光りとは地域に根付いたそこだけの『文化』のこと。旅の目的は新しいなにかを賜ること。人は知らない場所を尋ねることで新しいものに出会う。

はじめて島を訪れる人にとっては観光地を歩くだけでも楽しいイベント。でも、観光地を歩くだけではそこに隠された奥深い歴史やおもしろさを知ることはできません。

いつもの日常、いつもの暮らし、いつもの小豆島です。

 

すっぴんの小豆島。

ツアーデータ

ツアー名称

いつもの島旅

対象

大人向け

催行時期

春秋冬 ※GW、夏休み期間中、秋の大型連休はお休み

定員
1~3名 (一組限定)※一人旅も大歓迎
料金・時間

①一日ツアー(9:00~終日/平均8時間)お一人様 14,000

②半日ツアー(13:30~終日/平均4時間)お一人様 8,000円 

※料金はガイド料、保険料、軽食ドリンク、税込(ランチ別)+WEBアルバム

※ランチはリクエストに沿ってご案内いたします。
こまめ食堂 ご利用の方はドリンクサービス。

※開始時刻・終了時刻は調整可能です。

集合場所・送迎

港や宿泊施設など、ご希望の場所までお迎えに行き、そこからスタートとなります。
帰りもご希望の場所まで送迎いたします。

催行規定
よほどの悪天候でない限りツアーは催行可能です。
服装と準備
歩きやすい服装と滑りづらい靴でお越し下さい。
予約・問い合せ

ご予約は3日前までとなります。詳しくは ご予約・お問い合わせ方法 をご確認ください。

その他

その他の質問は よくある質問 またはお電話かメールフォーム にてお問い合わせください。