いつもの島旅 Shima Tabi

いつもの島旅

「縁」を歩く

旅のかたち

「縁」(よすが)を歩く。「縁」は「えん」「ゆかり」「えにし」「ふち」とも呼びますが、いずれも 「つながり」を意味する言葉。このうち 「よすが」とは「寄せるところ」あるいは「身や心のよりどころ」という意味で「島」の語源でもある言葉です。舟に乗って海を渡ってきた人たちにとって、島は「舟を寄せる縁(ふち)」であり、生気を養う「拠り所」でもありました。つまり 「島」とは「よすが」のことで 「ほっ」 とする場所のこと。日本語って奥ゆかしいですね。というわけで、小豆島の奥ゆかしい「縁」を尋ねる、ぶらぶら歩きの旅。

コースは当日の天候や気分、体調やリクエストなどを踏まえて、その場で直感的にコースを組み立てるというテキトウなスタイルですが、これが島を最大限に楽しむために辿り着いたカタチ。なぜなら晴れの日には晴れの日の、雨の日には雨の日の楽しみ方があり、風情があるからです。

時に、見晴らしのいい山のてっぺんまで歩いてみたり。「島の暮らしっぷり」 が垣間見える場所をのぞいてみたり。ある時は、島の人たちが大切にしてきた 「祈りの場所」 で日頃の感謝にお礼を託してみたり、大切な誰かのためにお祈りをしてみたり。またあるときは、心地良い海辺でお茶でもしたり・・・。

ワクワク、ドキドキ。旅はどうなるかわからないからおもしろいと思うんです。偶然の出会い。驚きや興奮。そして感動。それこそが旅の醍醐味だとも。だからあえてなにも決めないその場限りの旅。別名 「行き当たりばったり」とも言いますが、だからこそおもしろい、とっておきの小豆島をご案内♪

時間の目安

小豆島は意外にデカイ!名前が 「小さい豆の島=こまめ島」なので小さい島だと思われがちですが一周は約120km。東京で例えるなら山手線一周が約35kmだから、ざっと3倍の距離。なので、島を一周しようと思ったら、車でぶっ飛ばして2時間。制限速度で走ると3時間。(笑)さらに、島は7割が山林が占める坂道だらけの山深い山岳島。つまり、島のほとんどは山なので、絶景に出会うためには山の上までくねくね道をのぼったりと、道中の移動時間が意外に長い。というわけで半日だと断片的なものとなり、島全体を廻ろうと思えば駆け足でも一日は必要です。もちろん半日コースでも十分楽しんで頂ける内容となりますが、道中が地味におもしろいので、各駅停車しながらあちこち観たい人や、島全体を観てみたい人。島ネコに合いたい人などは一日ツアーがオススメです。実際、あちこちで脱線しながら遊んでいたり、買い物したり、どこかでのんびりしていると一日はあっという間。半分しかまわってないけどタイムアップ。なんてことも・・・。

詳細

ツアー名称

いつもの島旅

対象

大人向け

催行時期

春秋冬 ※GW、夏休み期間中、秋の大型連休はお休み

定員
1~3名 (一組限定)※一人旅も大歓迎
料金
  1. ①一日ツアー お一人様 13,000円 
  2. ②中一日ツアー お一人様  9,000円 ※午後からのツアーとなります
  3. ③半日ツアーお一人様  7,000

※料金はガイド料、保険料、軽食ドリンク、税込(ランチ別)+WEBアルバム

※一日ツアーのランチはリクエストに沿ってオススメをご案内いたします。

時間
  1. ①一日ツアー9:00~終日
  2. ②中一日ツアー13:30~終日 
  3. ③半日ツアー 午前 9:00~12:00 / 午後 13:30~16:30

※いずれも開始時刻・終了時刻は調整可能です。

集合場所・送迎

港や宿泊施設など、ご希望の場所までお迎えに行き、そこからスタートとなります。
※半日ツアーは時間の制約上、土庄港、池田港、草壁港エリアに限ります。

催行規定
よほどの悪天候でない限りツアーは催行可能です。
服装と準備
歩きやすい服装と滑りづらい靴でお越し下さい。
予約・問い合せ

メールでのご予約は3日前までとなります。お急ぎの方はお電話で。
詳しくは ご予約・お問い合わせ方法 をご確認ください。

その他

その他の質問は よくある質問 またはお電話かメールフォーム にてお問い合わせください。