天気と催行(中止)規定Tour Regulation

天気と催行規定

Tour Regulation

晴天雨天に関わらず  うさぎ  跳んだらツアー中止。

風が強い日は中止確立UP

一般的に雨天は中止?と考えがちですが、中止確立が高いのは晴天雨天に関わらず「風が強い日」となります。風が強くなると「波」が高くなり危険度が増すためです。ちなみにツアーを中止するかどうかの目安は海上に「ウサギ」が跳ぶかどうかです。ウサギとはサーフ用語で「白波」のことですが、風が強くなると波頭が砕けて白波が立ちはじめます。海面をぴょんぴょん跳ぶように見えるのでウサギです。こうなると初心者には過酷な状況となるためツアーはほぼ中止となります。加えて前線通過中の時など、大気の状態が不安定で「雷」が鳴るような場合も中止になります。雷は(予測できるものとして)保険の対象外項目だからです。

雨天は催行(最高!)

雨天は基本的にツアーは行っています。感動指数が高いんです。陸では不快な雨も、海上ではめっちゃ気持ちいい。もちろん風が強い日は中止になることもありますが、一端雨が降り始めると気圧が安定し海が穏やかになることが多いんです。清涼感たっぷりの雨上がりの海ほど美しいものはありません。また、真夏に海上で浴びるスコールのような雨は最高です。土砂降りになるほどテンションが上がります。360度水に囲まれた世界で人はなぜかリラックスします。いずれも体験してみないことには想像ができない世界ですが、とにかく雨降りは気持ちがいい。その感覚を楽しんでほしいと思っています。アウトドアでは雨も楽しいイベントです。

スコール土砂降り雨きたー雨上がりの海レインボー静寂の海

中止する場合

悪天候が予測される場合で、ツアー中止と判断した場合は、ツアー前日の夕方6時以降 にご連絡をさし上げております。連絡が無い場合はツアー続行です。また、前線通過中の時など大気が不安定で判断が難しい場合などは、ツアー直前で中止する場合もあります。その場合はみんなでがっかりしましょう。(笑)

また、中止と判断される状況であっても、場合によっては「風裏」(半島の裏側や島の反対側)へ行けば平和な海が広がっていたりもします。その場合、参加人数が少ないことが条件となりますが、カヤックを車に積み、スペシャルツアーを行うこともあります。いずれも催行するかどうかはガイド判断となりますが、状況に応じてベストをご提案しています。

Wind & Wave

風が吹くと海はどうなるか?についての解説です。

凪の瀬戸内海
風速0~1メートル(m/s)の海
瀬戸内海名物「」の海。海に空が映り込むので「カガミ」とも呼ばれる。気圧の中心に入った時の海の状態で、海上と陸上の気温差が無い早朝と夕方に風が止まり「凪」になる。称して朝凪夕凪とも言う。陸海の気温差が少ない春秋は凪になる日が比較的多い。こういう日は心も穏やか。海の上に浮かんでいるだけでも楽しい。
いつもの瀬戸内海
風速2~3メートル(m/s)の海
平常時の海。夏場は平均的には海上と陸上の気温差が少ない午前中の方が海は安定しており、午後からの方が風が増す傾向にある。が、風が敵にも味方にもなるシーカヤックは、ある程度風がある方が面白さが増す。風を読み、状況を予測しながら、最小エネルギーで目的地まで行くことを楽しむエコロジカルスポーツでもあるからだ。
風速4メートルの海
風速4メートル(m/s)の海
風速が4mを越えると海上には白波が立ち始める。初心者には想像以上に過酷な海となり、コントロール不能に陥る人が出てくる。よって白波が立ったら一般ツアーはほぼ中止となる。風向きや海域によっては「うねり」を伴う場合もあるが、うねりは強い力を持つため、上陸、離陸する際には波に洗われない経験と技術が必要になる。
風速6メートルの海
風速6メートル超(m/s)の海
いわゆる「時化」の海。風速が6m/sを超えると、風下にある海域では大きな「うねり」が発生する。海域が広い場所ほどうねりは大きくなるが、波と違い大きなエネルギーの塊である。岸際では引く力の方が強くなる。
雨の海
雨の日の海
海抜ゼロメートル。水面に近いカヤックから見る雨は美しい。360°水に包みこまれた中で、不思議と心が安らぐ。それはもしかすると、母親のお腹の中にいた時の記憶かもしれない。海水と羊水は同じ成分らしい。
雨上がりの海
雨上がりの海
ひとしきり雨が降った後は、湖よりも静かな静寂の時が訪れることがある。この時の自然の移ろいほど美しいものはない。空気の透明感が増し、凜とした清涼感に包み込まれる。最も感動的なシーンである。

※本ページの風速データはYahoo!天気(日本気象協会)による場合の目安です。配信元により数値は異なりますので目安としてお考え下さい。なお、いずれの配信サービスも風速情報は「陸の観測点」を基準にしているため、海上ではデータ数値よりも強い風が吹いてる傾向があります。

Land & Sea Breeze

海陸風(島風)について

一般的に風は気圧差(気圧配置)によって生じ、気圧の高い方から低い方へと流れ込む。周囲を海で囲まれた島の場合は、これに加えて「海陸風」別名「島風」と呼ばれる局地的な風が吹く。海陸風は海と陸との気温差により発生するが、陸は海と比べて暖まりやすく冷めやすい性質があるため、両者の間に気温差(気圧差)が生じてしまう。陸の面積が広く、標高が高いほど気圧差が大きくなるため風は強くなる。

海陸風のしくみ
海陸風の仕組み イメージ図

【解説】
日中の海陸風は太陽熱による上昇気流によってもたらされる。太陽により空気が暖められると上昇気流が発生するが、上空へと吸い上げられる力により空気が膨張し気圧が下がる。すると気圧の高い海から気圧の低い陸へと風が流れ込む。この時、海から陸へと流れる風(図左)を「海風」別名オンショア、または シーブリーズ と呼ぶ。一方日没後や上空に分厚い雲がかかった場合など、海上の気温が下がると平行して気圧も下がる。すると今度は気圧差が反転して気圧の高い陸から気圧の低い海へと風が流れ出す。この時、陸から海に向かって流れる風(図右)を「陸風」別名オフショア、または ランドブリーズ と呼ぶ。

また、海陸風は気温の上昇に伴い強さを増すため一般的には午後の方が風は強くなる。よって、気温の上がる夏の午後は海が荒れやすい傾向にある。加えて猛暑となる夏日は日没した瞬間に突風のような「おろし風」が吹くこともある。海上では注意が必要であるが、陸上ではこの風のおかげで気温が一気に下がり過ごしやすくなる。正に天然の島エアコンである。島の夜が過ごしやすいのは海陸風のおかげである。

夏雲
島の上昇気流が生み出す夏の積乱雲。山の大きさやカタチに沿って雲が発生する。

雲と伝統航海術(参考情報)

島の上空にはよく雲が発生するが、これは上記のような上昇気流によるものである。屋久島が代表例であるが、標高が高い大きな島ほど上昇気流は強くなるため、雲も大きくなる。この仕組みを応用して、かつての船乗りたちは山や雲を見て航海を行っていた。雲の大きさやカタチから海上に流れる風を読むことができるからだ。加えて雲は島の大きさに比例するため、雲の大きさやカタチから島を特定することもできる。つまり、雲はナビゲーターでもあるのだ。自然の中のあらゆる現象から「風」を読み抜くことが伝統航海の奥義である。