安全対策と考え方Safety Policy

セーフティーポリシー

自然の中では 「リラックスすること」
が、最も安全に楽しむ方法です。

事故を防ぐ3つの考え方

1.少人数であること

事故やケガが発生する背景には因果法則があります。1件の重大事故が起こる背景には29件の軽微な事故があり、更に1件の軽微な事故の背景には300件の『ヒヤリ』としたり『ハッ』としたりといった『小さな危険分子』が潜んでいます。つまり、小さな危険分子を事前に取り除くことさえできれば重大事故は起こらないが、それに気が付かなかったり、そのままにしておくと、どこかで必ず事故が発生する。この法則は「ヒアリハットの法則」と呼ばれるリスクマネジメントの基本概念ですが、このことは野外活動においても同様です。

よって、私たちガイドの仕事は『小さな危険分子』 を事前に消し去ることです。しかし、そのためには『少人数であること』が絶対条件です。人数が多くなるほど目が行き渡らなくなるからです。私たちのツアーではフィールドに応じた目の届く範囲としています。

ヒアリハット
事故やケガには「1:29:300」の法則がある

2.ワイルドであること

海は危険か?答えはNOです。海には『危険な状況』があるだけで、危ないと判断したら行かなければいいだけです。では、カヤックは危険か?これもNOです。カヤックは非常に安全な乗り物です。カヤックを漕いでいて事故が起こることはあり得ません。では、なにが危険なのか。答えは、乗り物を操作する側の人間にあります。実際、事故の大半は人間の『判断ミス』が原因です。加えて、重大事故の多くは危ない場所ではなく、事故が起こりそうもない場所で起きています。自動車であれば見通しの良い直線道路などです。道が狭ければ注意しますが、道が広くなった途端にスピードを出すからです。つまり、事故の根源は『ちょっとした油断』です。

よって、場所場所で『注意を促すこと』がガイドの役割です。”WILD” (野生)の本質的な意味は『絶えず慎重であること』それが自然の中で生き残るための唯一の方法です。

3.リラックスすること

海を安全に楽しむ最大の方法は『リラックスすること』その一言に尽きます。人間は焦ったり緊張すると筋肉が固くなります。と、視界が狭くなり、周りが見えなくなります。対して、鼻歌を唄っていたり、リラックスしている人は周りを見る余裕があります。力が抜け、視界が広がるほどカヤックは漕げるようになります。

というわけで、ガイドの一番の仕事は 『リラックスした状態をつくること』です。そのためには、誰よりもガイド自らがリラックスしている必要があります。私たちはガイドはあらゆる状況の海を漕ぐことで、平常心を保つ努力を重ねています。