カヤック(カヌー)の種類

シーカヤック Sea Kayak

シーカヤック

カヤックには海用から川用まで、フィールド毎に多種多様なものがあるが、海の狩猟文化から誕生した起源的な意味から言えばシーカヤックが元祖である。タイプとしてはアリュート系のものとグリーンランド系の2系統があるが、輸送用として進化したアリュート系をベースにしたものが現在の主流となっている。また、ツーリングカヤックのことを指してシーカヤックとも呼ぶが、よりスポーツ性を高めたものや安定性を追求したものなど、レベルや目的に応じて様々な種類のものが存在している。

素材としては海外製のポリエチレン一体形成による量産型カヤック(通称ポリ艇)と、カヤックビルダーがハンドメイドで制作する主にFRP製カヤックの2タイプがある。前者のポリ艇は強度があり、岩やスリ傷にも強くタフである上に価格も安いのが特徴であるが、壊れた場合に修理ができないのが難点。(実際は壊れないが)一方FRP製の艇は高価であるが、種類が豊富で、軽く機動力に優れているためエキスパートが好んで使用している。加えて補修が可能なため半永久的に使用できる点が利点。ただし、FRP製のカヤックは安全性やマナーなどの問題から市販されておらず、プロガイドサービスから指導を受けて購入するのが一般的である。

フォールディング カヤック or ファルトボートFoldeing Kayak or Falt Boat

ファルトボート

カヤックの原点であるスキンカヤックの現代版で、フォールディングカヤック、またはファルトボートとも呼ぶ。主にアルミフレームによる組み立て式でバッグに収納できるため、海外の遠征などで使用されている。バンクーバーの Feathercraft社 が元祖。国内ではモンベル、フジタカヌー、バタフライカヤックスの3社が製造販売を行っている。価格は20~80万円ほど。

レーシング カヤック Flatwater Racing

レーシングカヤック

オリンピックの種目にもなっている競技用カヤック。主に静水域でのスプリントに使用されるためフラットウォーターレーシングとも呼ばれる。膝でカヤックをニーグリップしてバランスを取る一般的なカヤックと違い、膝を立て、脚力で漕ぐスタイルとなるため素人に乗りこなすことは難しい。その他、サーフスキー呼ばれるシットオンタイプのレーシング艇もある。

レクリエーショナル(レジャー)カヤック Recreation Kayak

レクレーションカヤック

カヤックの普及用に作られた入門用のカヤック。レジャーカヤックやファンカヤックとも呼ばれる。湖を中心に全国のカヌー体験教室などで使用されている。国内での生産はなく、輸入販売でのデリバリーとなる。

シットオントップ カヤック Sit On Top Kayak

シットオントップ

名前の通り舟の上に座って漕ぐカヤック。ポリエチレン製の一体形成で、中が空洞になってる浮沈舟構造。メンテナンス不要なレジャー艇で、近年ではフィッシングカヤックとして人気がある。一方、安価で誰でも購入できるため、素人による海でのマナー違反や無責任な販売形式が問題視されている。

リバーカヤック River kayak

リバーカヤック

河川の多い日本ではシーカヤックよりもリバーカヤックから普及が進んだため、最も普及したカヤックである。衝撃に強いポリエチレン一体形成で岩にぶつかっても壊れることはない。場所や目的に応じてダウンリバー艇、スラローム艇、ワイルドウォーター艇、プレイボート、クリーク艇など様々な艇がある。 国内での製造は無く、海外製の輸入販売のみとなる。

インフレータブル カヤックInflatable Kayak

インフレータブルカヤック

川下り用の空気注入式のカヤック。ラフトのカヌーバージョンで別名ダッキ-とも呼ばれている。レジャー用に製造されてるものもあるが、ラフトメーカーが製造しているものは丈夫な素材を使用しているため岩にぶつかっても平気。激流や激しい瀬をガンガン楽しめる。国内ではアキレスなどゴム・プラスティック系のメーカーが製造している。

サーフ カヤックSarf Kayak

サーフカヤック

リバーカヤックに似ているが、サーフを楽しむためのスポーツとして進化した波乗りカヤック。カヤックというよりはサーフボードのカヤックバージョン。反り上がったロッカー形状でフィンが付いている。FRP製。

カナディアンカヌーCanadian Conoe

カナディアンカヌー

カヌーといえば一般的にはカナディアンカヌーのことを指す。主に内海や湖などの静水域や川の中流から下流域がフィールド。木製のものもあるが、FRPが主流。たくさん荷物を積んでキャンプに行きたい。カヤックはダブルブレードパドルを使用するが、カヌーはシングルブレードパドルを使用する。

アウトリガーカヌー

アウトリガー

ポリネシアを中心に気温の高い太平洋の沿岸各地で最もスタンダードな航海カヌー。ハワイでは毎年「オーシャンアウトリガーカヌー」の世界大会が開催されている。小笠原にはかつてポリネシア人が持ち込んだアウトリガーカヌーと和船が融合した和洋折衷のカヌーもある。シングルブレードパドルを使用する。

おまけ ダンボール カヤック

段ボールカヤック

その気になれば、人はどこにだってイケルのさ!
夢と冒険の絶叫マシーン。ダンボールカヤック。
段ボールとガムテープと勇気があれば30分で大海原へ
行けるはず・・・。ライフジャケットを忘れずに。

シーカヤックメーカー

参考までに主なシーカヤックメーカーをまとめてみました。他にもありますが、思いつくところで

国内

Water Field Kayaks
全国のプロガイドが愛用している日本を代表する熊本のシーカヤックメーカー。ビルダーで社長の水野さんは元建築家。強くて軽くて美しい ”Made in Japan” な芸術作品。
mont-bell
自社製ファルトボートの製造販売を行っている。
Fujita Canoe
京都のファルトボートの老舗メーカー。
Butterfly Kayaks
兵庫県の新しいファルトボートメーカー。

海外

Feathercraft
カナダのバンクーバーにあるファルトボートの有名メーカー。
Nimbus
カナダを代表するシーカヤックメーカー。デリバリーは 西伊豆コースタルカヤックス
POINT65°
スウェーデンのシーカヤックメーカー。 デリバリーは Scoop-Out
North Shore Sea Kayaks
イギリスのシーカヤックメーカー。デリバリーは Paddlecoast
Valley Seakayaks
イギリスの老舗シーカヤックメーカー。デリバリーは ファルトピア
WILDERNESS Systems
アメリカのシーカヤックメーカー。デリバリーは モンベル
Perception Kayaks
アメリカのシーカヤックメーカー。デリバリーは モンベル
Current Designs
アメリカのシーカヤックメーカー。デリバリーは ?