シーカヤックの構造と名称

カヤックの中ってどうなってるの?という方のために図解してみました。

シーカヤックの構造
図解:シーカヤックの構造

積載重量

カヤックの前後には隔壁で仕切られた防水構造の荷室があり、ここが空気層となり、ひっくりかえっても沈まない不沈構造となります。標準的なカヤックで150~200L。重量にして人間も含めて200~250kgくらいは積めます。荷物を満載したカヤックは重いですが、重い分舟は安定します。

操作

カヤックにはフットペダルがあり、ペダルに足を踏ん張って腰の回転(ツイスト)運動で漕ぎます。カヤックは見た目感じ上半身の腕力で漕ぐイメージがありますが、基本は足腰を使う全身運動です。ラダー(舵)付のものはペダルにワイヤーが繋がっており、スライドさせて舵を操作します。長距離カヤックでは舵があると非常に楽です。

カヤックの安定性

カヌーには二つの安定性があります。一つ目は制止してる時の『一次安定性』。それともう一つは進んでいる時の『二次安定性』。一般的に横幅があるほど一次安定性は高くなりますが、抵抗が増える分だけスピードは犠牲になります。逆に細長くなるほどスピードが出ますが、そのぶん一次安定性は犠牲になります。

カヤックの性能

カヤックの性能(クセ)は船底のデザイン(形状)によって決まります。詳しくは専門的過ぎるのでここでは簡略化しますが、一般的に底が真っ直ぐなもほど直進性は高まりますが、回転性能(運動性能)は悪くなます。図で示すと、上は競技用のスピードと直進性重視のデザイン。下は波やうねりに対応するため「反り」(ロッカー)を付け、運動性能を向上させた一般的なシーカヤックのデザイン。その他、断面形状や素材の違いなど、ちょっとした要素により特性がシビアに変化します。

ハルデザイン